So-net無料ブログ作成
検索選択

9月相場のポイントと豪ドル/円の相場水準 [市況と相場]

9月相場のポイント豪ドル/円の相場水準です。

石原順氏のレポートが大変興味深い内容となっていましたので

引用させて頂きます。

audyen.JPG

豪ドル/円(日足) 現在、「売りシグナル」点灯中 

9日RSIは20近辺まで下落

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)・エンベロープ13日3%(紫)
下段:9日RSI鈍感バージョン

豪ドル/円(日足)の変動範囲は概ね「13日移動平均線の±3%乖離」である。

9月6日現在、78円80銭まで下落するリスクを内包している。

経験的に言えば、「日計りトレード」では9日RSIの20近辺での豪ドル/円の

押し目買いはワークすることが多い。

しかし、現在の豪ドル/円は「売りシグナル」が点灯中で、豪ドル売りの

象徴であるユーロ/豪ドル相場もまだ反転していない。

逆張りの「豪ドル買い+円売り」をするなら、ストップ・ロスをタイトに

するべきだ。

豪ドル/円が米国株連動であることを考えると、豪ドル/円の大きな買い場は

「確率的には10月末がベスト」と言うことになろう。

過去、62年間の経験則では、米株や日本株上がり始めるのは10月という

月別変動パターンが見て取れる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
  • SEOブログパーツ

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。